保険についてのブログです

子供に保険の事を教える事が大事です。

子供に保険の事を教える事が大事です。

子供の保険制度について

子供が生まれたときには学資保険の検討をしますが、胃呂保険の加入を検討することもあります。

このときには知っておいた方がいい保険制度があります。

地方自治体が乳幼児や義務教育就学児に対する医療費補助制度が有効な期間を設けているので、この期間に関しては無理に医療保険に加入しなければいけないと言うことはありません。

しかしこのような保険制度が切れるというような時期には加入を検討するようにします。

子供はケガや病気をたくさんすると考えられていますが、実際のところ入院率は低くなっています。

また国や自治体の医療費補助がしっかりと整えられているので、入院する確率が低いうえに、入院しなければいけないような病気になっても、公的医療保障が充実しています。

それが健康保険や乳幼児医療費助成制度や義務教育就学児医療費助成制度になります。

健康保険では小学校入学前であれば自己負担割合は2割となっています。

小学校にはいると3割負担となっています。

乳幼児医療費助成では、自己負担分も全額やその一部を助成してくれる制度のことになります。

これは各自治体によって異なっているので確認をすることが必要です。

地方自治体ごとに義務教育就学児医療費助成制度が設けられています。

ここでは15歳まで保障されることがあるので、保障されている期間は公的制度だけで十分になります。

これらの医療費助成制度には地域差があります。これらの制度がなくなるタイミングで医療保険を検討するのがいいです。

子供の頃から保険制度について理解させておくことが大切である